赤ちゃん

ドッグフードのあげ方について

ワンちゃんにドッグフードをあげる際にも、ただお皿に持って目の前に置くだけではなく
どのようなお皿がいいのか、どうのような場所や状況で与えるのがいいのかを考えてみましょう。

まずはお皿の選び方について
ワンちゃんの食事のお皿にもたくさん種類があります。
深さのあるタイプや浅いタイプ、食器台と一緒になっていて高さのあるタイプもあり、犬種によって食器も大きさも高さも合わせて上げる必要があると思います。

例えば、シーズーのような犬種の子には深いお皿からだととても食べにくいでしょう。
鼻(口)の短い犬種には浅めの食器を、鼻(口)の長い犬種には深めの食器を用意しましょう。
ビーグルやキャバリアのように耳の長い犬種の子はお皿の中に耳もつかってしまうため耳がごはんに入らないよう深めで口の狭い、耳の長い犬種用の食器も販売されています。

子犬には十分な重みのある、ひっくり返りにくいものを選んであげましょう。
高齢の子には、低い位置の食器は首に負担がかかります。
食器台などで少し高さを持たし調節してあげましょう。

素材に関してもステンレス製のものからプラスチック製、アルミ製や陶器、木製のものまで販売されています。
プラスチック製のものは、お湯やドッグフードの油分などがプラスチックと反応しアレルギーを起こすが場合があります。
ステンレス製のものや陶器のものは熱湯消毒も可能なことから人気があるようです。

つづいて、ドッグフードを与える場所と状況です。
騒がしいところで食事を与えればワンちゃんは落ち着いて食べることが出来ず、早食いのクセもついてしまいます。
キッチンでごはんを与える飼い主さんもよく居ますが、ごはんを食べるのに一番いい場所はハウス(ケージ)の中と言われています。

そうすれば食事中、誰かが近くにきてもごはんを取られてしまう心配をすることもなくなります。
それにハウスはごはんがもらえる場所と覚えるため、「ハウストレーニング」(ハウスに慣れさせるトレーニング)も簡単になります。
そして食事を与える際、ウロウロと歩き回ったり飛び跳ねたりするワンちゃんがいますね、中にはごはんを持つ飼い主さんの手を噛んでしまう子もいるようです。
ワンちゃん達はただ、ごはんがもらえることが嬉しくてたまらないだけなのです。
「マテ」と「ヨシ」を教えてあげましょう。
また、気になるドッグフードのカロリーについて詳しくはこちらhttp://www.thehockeypuck.com/karory.html

Copyright(C) 2013 犬に対して大切な知識 All Rights Reserved.