赤ちゃん

ドッグフードの賢い選び方

例えば人間の食べ物「チーズ」を挙げても、たくさんのメーカーが製造しており
国内外合わせると数えきれないほどの「ブランド」がありますね。
それはワンちゃんのドッグフードも同じで、ドッグフードにもたくさんの「ブランド」があります。

そしてそのブランドによってかなりの値段の差があり、同じ10kgのドッグフードでも千円以下のものもあれば1万円位するものもあります。
値段の違いには「メインとなる原材料に」よって変わってきます。
豚・チキン・卵・ラム・魚といった動物性タンパク質をメインに作られたドッグフードとトウモロコシ・小麦粉など穀物類がメインのドッグフードがあります。

動物性タンパク質がメインの方が穀物類メインのものよりも製造のコストがかかるため値段も高くなりますが、穀物類は消化が悪いため動物性タンパク質をメインに使われているものが推奨されています。
さらに、値段の違いは「原材料の品質の違い」によっても変わってきます。
原材料の品質の違いとは、同じ動物性タンパク質でもどのような肉が使われているか、ということです。

肉といってもドッグフードの成分には「副産物」とよばれる成分が入っている場合があり、内蔵・トサカ・毛・爪などを表します。
ひどいものだと糞や尿が入っているものもあるそうです。
「○○ミール」「肉類」などと記載しているものではなく、「鶏肉」「ターキー」など肉の種類をしっかりと書かれているものが望ましいです。

そして原材料の品質の違いには、使われている「肉の品質」が大きく影響します。
品質の高い肉とは「公的に人間の食べることの出来る肉と認められたもの」です。
ここからは少し怖い話ですが、品質の低い肉には事故死や病死をした家畜を使っていたり、人間食用には認められない量のホルモン剤が残っている肉を使っているものなどがあります。

あと気になるのが保存料・添加物・着色料。
着色料は必要ありませんが、保存料・添加物は腐敗を防ぐ為ある程度は必要とも言われています。
しかしこれらに関しても値段が安いほど多く使われている傾向があるようです。

高いものが良いとは一概には言えませんが、ワンちゃんの健康を考えるのであればあまり安すぎるものは推奨されません。
良い食事は病気の予防にもつながります。
バランスのよい安全なドッグフードを与えてあげましょう。

Copyright(C) 2013 犬に対して大切な知識 All Rights Reserved.